セフレを出会い系で見つける

ソレアとは出会い系で知り合った。そう名乗っていたけどもちろん本名ではなくてれっきとした黒マン毛の日本人だ。当たり前だけど真剣な婚活サイトならともかく出会い系で本名を名乗る女はいない。かく言う僕もベルモンドとか名乗っている。理由は特になく適当だ。
こうして僕はセフレを出会い系で見つけるに至った。条件が合う何人かに声をかけてみたが、その時から「ソレア」と言う名前は気にはなっていた。そして、幸いにもソレアは僕に対して返事をくれたのだ。
ソレアとはフラメンコの音楽の種類であることは知っていた。そのため情熱的なイメージを持っていたが、実際に会ってみると小柄でおとなしい黒髪ロングの年下の女の子だった。ちょっとコミュ障入っている女の子かな?と思うくらい口数は少なく笑顔にも乏しかったが、道を歩く時も僕にすっと寄り添い、まるで恋人同士で歩いているような興奮をもたらしてくれた。
そして、割とスムーズにベッドインもできた。彼女もまたセフレを出会い系で見つけることを達成したのである。ただ、情熱的なフラメンコのイメージとは裏腹にベッドの中のソレアは完全に受け身だった。ただ、おそらくセックスと言うか性行為が好きなのであろうことは、黒マン毛がピッタリと肌に張り付くくらいに濡れそぼった彼女の股間が物語っていた。
童貞卒業
ことが終わった後、息荒く肩を揺らしている彼女を子抱きしながら、どうして僕を選んでくれたのか?と聞いてみた。すると、その理由が「ベルモンドだったから」だった。ソレアは映画の「気狂いピエロ」を気に入っていて、主演であるジャン・ポール・ベルモンドが好きなんだそうだ。だから、僕の「ベルモンド」と言う名前にピンと来たらしい。もっとも、僕はその俳優は知らないし、名前も適当につけただけだったから、セフレを出会い系で見つけるには、実は名乗る名前も大切なのだなと思った次第だ。
名前だけで数多の男たちから僕を選んだソレアである。ならば、彼女もソレアと言う名前に何らかのこだわりがあるはずだと思った。そして、調べてみた僕はその言葉が持つ意味で彼女の本当の姿を知った。
出会い系でのセフレの作り方
セックスしたい