月別アーカイブ: 2020年3月

出会いアプリでセックス

出会いアプリでセックスに誘う気だったんだけど、相手の子がホテルに入った後で「実は、今性病の検査待ちなんですけど」って言うの。
そういうのホテルに入る前に言ってくれない?ヤル気満々でホテルに入った俺が可哀想じゃん!
出会いアプリでセックスする気で誘ったの、知ってたはずだろ。だったら、会う前に断るとかさ、なんならドタキャンされるくらいでもOKだったぞ?
まぁ、やった後に言われるよりはマシだけど!
「性病って何?」って聞いたら、「色々・・・検査してもらってるところです」って申し訳なさそうに言ってた。
派手なタイプではないけど、大人しそうな、どっちかといったら陰キャっぽい感じの雰囲気だった。
だから、じっくりラインでメッセージ送り合って慎重に口説いてきたつもり。
その努力が全部無駄だったと思ったら、カッとなりそうになった。
もちろんグッと堪えたけどね。
出会い系でセックスなしの援助交際が出来ると聞いてパパ活をする事に
「すみません、先に言えばよかったんですけど・・・こういうことになるとは思ってなかったし、それに・・・ラインでやり取りしてて、会ってみたいなって思ったのは本当だから」って。
「出会いアプリでセックスしてるから、性病になるんじゃないの?」って意地悪言っちゃった。
「出会いアプリでセックスしてるって言っても、数ヶ月前に無理やりレイプまがいなことされて・・・。最近、ちょっとカユイ気がして心配になって検査してもらったところなんです」って泣きそうな顔してた。
「ラインでメッセージをやり取りして、こんな気持ちになったの(俺)さんが初めてだったから」って告白されて。。。告白されて有難迷惑だなと生まれて初めて思った。
デート援交
パパ活掲示板

オナ友募集

 オナ友募集で知り合ったのが、年下のイケメン君でした。
私34歳。
イケメン君は21歳。
年下の元気なオチンチンを見ながら、クリちゃんを刺激したりするのが、最高の楽しみなんです。

 セックスレスに悩んでいました。
かなり長い年月、夫との夜の営みがなくなってしまっています。
正直言えば、とても寂しい。
30歳を過ぎてからは、肉体は過敏に反応してくれるのに、求める気持ちもとても強いのに、夫は少しも構ってくれない。
私の性格的には、セフレっていうのはちょっと無理。
だけど、性的な刺激が欲しい気持ちが強く、より安全なオナ友募集に乗り出そうと思いました。

 出会い系でオナ友募集してみたところ、沢山のメールが。
驚いちゃったのは、20代前半の男の子からのメールがあったこと。
熟女好きで、オナ電を一緒に楽しみたいって言ってくれた遊矢君と、お話してみることにしました。

 遊矢君との通話なのですが、とにかく可愛いという印象。
ずっと年下の男の子ですから、キョンとするなにかを感じてしまったり。
不満な私を刺激してくれる言葉を、ちょっとずつ使ってくれる。
すぐに、反応を始めてしまった私でした。
マダムライブ

 遊矢君に「パンツを脱いで、足を広げて触って」って指示されちゃって、その通りにやっていくと、燃え上がるような熱い気分を感じてしまいました。
「ステキな熟女の喘ぎ声で、勃起してます」
想像すると、もっとエッチな気分が強まっていく感じでした。
遊矢君、大きくなったオチンチンを見せてきちゃって、ドキッとしました。
とても立派なサイズ。
元気に硬直してしまっている肉棒を見て、私のハートは早鐘を打ち出しました。
「濡れた熟女のオマンコも見たい」
年下君に、お願いされちゃって思わず見せてしまいました。
見られている興奮。
年下君のオナニーを見ている興奮。
滅茶苦茶な状態になってしまったのでした。

 オナニーが終わった後、遊矢君は顔を見せてくれたのですが、とても可愛いイケメン君でした。
「また、相手してくれますか?」
言われて「たっぷり楽しませてね」って返事をしてしまいました。
エロイプ
オナニー友達